週報サブレー

日記・私信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

迷い道

久しぶりに会うクロサワとお昼ごはん。
二人ともどちらかというと会話の聞き手の性格なので、会うと静かな時間が流れてしまったりもする仲なのですが、つたない言葉で絞り出すように相談する。

女子だっていろいろ迷うのです。
30歳になってもまだ迷うのです。
主婦だって迷うのです。
いけませんか!!(突然そして静かに激昂)

そんなクロサワも近々イギリスに旅立ってしまうという。先日お見送りしたハチさんもカナダへ行くというし、どうして私に必要とされる人たちばかり国外流出してしまうのか。とてもさびしい。

人生のバイオリズムで言えば、確実に地を這いずっている今日この頃。気がつけば「30歳からの女の占い:今日のオーラ鑑定」なんて、ひとり夜な夜なクリックしていたりする。(リンクはあえて貼らない。誰が必要としていよう)
いけませんか!!(再び激昂。このひと不安定!)

スポンサーサイト
  1. 2008/10/27(月) 23:20:27|
  2. ふつう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RING CUBE

RICOHのカメラ・フォトギャラリー、RING CUBEに行ってきました。フォトギャラリーがメインですが、RICOHから発売された歴代カメラを見ることができます。最初のカメラが発売されたのは、なんと1934年だそうです(その頃はRICOHという社名ではありませんでした)。最初のカメラから一貫して、既に漂うすきま産業感というかマニアック感というか……。と思っていたら、1950年発売の二眼、リコーフレックスは、文字通り飛ぶ様に売れ品薄で卸売商が工場までリュックしょって取りに来たそうです。この頃がRICOHカメラの最も華やかな時期だったのでしょう……。

過去の売れっ子に思わず涙をこぼしてしまいましたが、その後のカメラもなかなかかわいいです。名前も「ステキー」とか「リコール」とか「ハンケン」とか、まさに独特としか言いようのないセンス。そしてかわいいと言うたら、やっぱりリコーオート35とリコーオートハーフです。


このかわいさで1960年、1962年発売ですよ。言うちゃ悪いけど(I編集長調)、現在発売中のデジカメたちよりずっとかわいい。オートハーフは柄、色、違いのいろんなモデルが出されていて、そのいちいちの遊び心が、開き直ったニッチっぷりにも思えて、いじらしいのです。


こちらは万博モデル(RING CUBEにはありません)。
そしていよいよ、RICOH初のデジタルカメラ、DC-1。カメラの横に無理やり液晶をくっつけてみたデザインが強引ですてきです。当時(1995)デジタルカメラとしてはかなりの先がけでしたが、先がけすぎるハイスペックで、あんまり売れなかったらしいです。持ってたあなたはマニアック!

そしていよいよリコーカメラの真打、リコーGR1の登場です。リコーが誇るおしゃれカメラ、デジタルになった今もまったくデザインを変える気がないというストイックさが魅力です。おそらく欠点をあげればきりがなさそうな脇の甘さと、とにかく作りたいものを作ったという作り手のかっとばし感がビシバシ伝わる、アンビバレンツなステキカメラ。

現在もデジタルでGRデジタル-2が発売中。おしゃれを名乗るなら持っとかないと!カメラ日和とか女子カメラとか読むなら持っとかないと!(絶賛宣伝中。我が家の家計のために)

会場ではリコーフレックスの復刻手ぬぐいも売られていて、かなりかわいいです。
惜しむらくは、「TOUCH&TRYのコーナー」と書いておいて、GRデジタル-2が一台ポツンと置かれているだけでした。おざなりです。ここでTOUCH&TRYするくらいならビックカメラに行った方が良さそうです。カメラギャラリーの一階下はフォトギャラリーになっていますが、簡単に借りられそうなマイナー感が漂っていたので、写真展を開きたい人は打診してみると良いかもしれません。(おや、だんだん文句が多くなってきたよ)
往来激しい休日の銀座にいることを完全に忘れさせる静謐な空間、ぜひ行ってみてください
  1. 2008/10/25(土) 12:31:30|
  2. ふつう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

奥多摩

日帰りで奥多摩に行ってみました。
日帰り温泉につかって、湯上りにビールを飲んで、幸せです。
しかし2時間の中央線移動はつらい年頃になりつつあることを実感。
かなり夢うつつの帰りの電車の中、隣にすわったおじいさんがどんどん話しかけてくる。なんだか山梨までバスで行き、渓流で川魚を釣り、歩いて奥多摩まで戻ってきたとかこないとか(夢うつつで聞いていたため不明瞭)。そして御歳80歳!「20代、30代の頃は鍛えたからねー」って、まさか軍隊のことでは・・・。子どもを抱っこしたお母さんに、率先して席を譲ろうとするなど、とにかく元気でした。
私もだらだらビールを飲んでいる場合ではなく、未来への貯金のために体を鍛えるべきかもしれません。
  1. 2008/10/12(日) 22:07:29|
  2. ふつう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コント

まいこさんがハガキ10通を送って当てた、キング・オブ・コントの観覧に行ってきた。
なんとなく収録中は私語はできない雰囲気で、バナナマン勝って、顔を見合わせて「やったね!」の表情を作り、バナナマン負けて、顔を見合わせて「そんな!」の表情を精一杯作った。
周りの年代層は明らかに低めだったけれど、「絶対バナナマンの方がおもしろかったよね!」と思う存分キャピキャピして来た。「来年はひとり100枚ハガキ出そう!」と約束し合って別れた。

収録中切っていた携帯の電源を入れると、おいさんから「バナナマン勝ったね!」「負けたね!」のメールが入っていた。(収録は生放送。)一喜一憂していた人がもう一人いたことを知る。
  1. 2008/10/05(日) 23:54:08|
  2. ふつう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。