週報サブレー

日記・私信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホムペジ

ホームページつくりました。

http://yukimorihisa.moo.jp

ゆくゆくはもっと見やすくしていきたいです。

こんなかんじでのんびりやっております。
よろしくおねがいします~。




スポンサーサイト
  1. 2011/11/30(水) 03:35:48|
  2. おしらせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写テク

IMG_1239.jpg

わたしはサチっている写真が好きなのです。(白とびともいう)
そしてよく撮れたと思う写真をおいさんに見せたりします。しかし彼は写真とカメラに関して原理主義なので、「こことここが白とびしてる」などと言ってきます。わざわざ画像解析ソフトを駆使してまで、「ホラココガ~」とか言います。
それがどうしたと思います。これがあの有名な、小さいプライド守るため誰かを不意に傷つける昨日も今日も今日もそうだろうが今日は今日でどうかしようというやつかと思う。
とてもくやしい。いつかはおいさんを唸らせる写真を撮りたいと思う。

今日は穴の開いた靴下をたくさん繕った。針仕事をすると、糸につられてモンちゃんが出てくる。危ないので手で制しながら縫うので、効率はとても悪い。そういう時間も好きです。

  1. 2011/11/28(月) 06:20:50|
  2. ふつう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜型

DSCF2634.jpg

月に一度の整体教室に行く。とても気持ち良い。
場所は新宿のオフィス街、夜の回に行っている。みんなが帰宅準備したり、残業しているなか、ひっそり集まって整体をしているのが、奇妙に思える。

夜に窓の外を覗くのが好きだ。
海辺の宿に泊まると、夜中に窓の外をずっと見る。波の音が耳鳴りのように響いて、目を凝らしても見えないのにたしかにそこにある水平線を思ってぞくぞくする。
都会の夜ももちろん好きだ。バスから見る夜景の中、オフィス街にともる灯りを見ると、目をしぱしぱさせてモニタを見つめたり、紙パックの自販機の前で一休みする人々を想像してとてもいとおしくなる。(実際はパワハラに悩む派遣社員が自殺でも考えているのかもしれない。そんなもんだ。)

小さい頃、S根県のど田舎村に住んでいた。ここはテキサスかと思うほど、荒野と幹線道路以外なにもないところだった。夜にふとんを抜け出して、たまに通る車の灯りに目を凝らすのが好きだった。冷たい窓に息を吹きかけると、光がにじんできれいだった。長い歴史の中で、生まれては大騒ぎで生きて死んでいく命の灯りのようだと思った。人間はこんな寂しい場所で生まれて死んでいくのか、と思った。
私はこんなことばかり考えている子どもだったので、この圧倒的切なさもいつかは忘れてしまうに違いないと考えていた。それは寂しいことだとも思っていた。
しかし実際は9歳の頃から精神的にあまり成長しなかったので、同じようなことを考えて生きている。子どもというのはとかく自分を過大評価しているものだとわかった。
さいきんダイエットに成功したが、やっと高校の頃もっとも太っていた体重と同じになった。15年もかかって何をしているんだろう。人生のいろんなことが環になってつながっている。
今日はわたしの還暦記念日だ!

  1. 2011/11/23(水) 02:01:15|
  2. ふつう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

R9561345.jpg

さむい。
さいきんホームページつくっているので、いろいろブラウザを入れてみた。うちのマシンは一応そこそこハイスペックなので、重さを感じたことはなかったのだが、UIが違っていろいろおもしろいな。
私はずっと、「ただそこにあったから」という理由で、WindowsマシンではFireFoxを、macではsafariを使っていた。言われるがままにアドオンもどんどん入れていた。今回調べたところによると、こういうのは、じょーじゃくと言うらしい。
なんだろうね。じょーじゃくって。もしやあの、じょーじゃく性のあるプログラムがあります、というウイルスに弱いやつか。すわ!と思ったが、それはぜーじゃくだった。とりあえず良かった(この辺がもう情弱)。

なりは若いのに(でもないか)、中身はどんどんお年寄りになっている気がする。お年寄りになると、なんでもいいよね、じょーじゃくでもじょーきょーでもきけんちゅーでもあんぜんちゅーでもね。なんでもいいや。


  1. 2011/11/18(金) 08:08:04|
  2. ふつう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いえいえ

R8851819.jpg

年末に家の更新が切れます。もっと家賃の安いところに引っ越す計画中。
うちは物が多いので、どうやってもギュウギュウになってしまいます。イラレ上でなんちゃってCAD図面を引いて、あーでもない、こーでもない、とやっています。

こちらのwebマガで中川いさみ先生が料理をされている家が理想です。広くていいなあー。
八重山諸島の、平屋に畳敷きで、縁側が付いていてごろごろできる家がとても好きです。竹富島住みたいなー。

さいきんは柄にもなく忙しかったので、オフの日をつくりました。ついつい何かしたくなるので、「オゥフ、オゥフ」ときもおたテイストでつぶやいて(知らんけど)、自制しています。
オール・アバウト・マイマザーのDVDを見ました。アルモドバル監督大好き。何がこんなにも心ひきつけられるのか。



  1. 2011/11/18(金) 03:52:41|
  2. ふつう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビルディング

IMG_0640.jpg

○月×日
ふと、自分のホームページを作ろうと思い立つ。かれこれ3年以上アナログハリウッド在住なので、html直打ちでのろのろやってる。全然すすまない。
CSSってなに。コスタリカの中央放送局?要素って、ヨウ素?ヨウ素なら知ってるよ~。今年はよく聞いたしね!
もうさっそく投げ出したくなってきた。あとは野となれトリエンナーレ・・・。
ぶくぶくぶく・・・。(蟹になって逃避中)

しかし21世紀の今日に自営業でもないのに、自分のホームページ作ってる人って、わたしくらいなんじゃないのかな。
カウンターつけるんだ。トップページはskip不可のflashにして、あのマウスポインタになんか画像がついてきて重いやつもやるんだ・・・。
(うちのおいさんは、昔ガチでこういうのを作ってた、かわうい理系男子なのだ)

○月×日
持病の定期健診で病院に行く。血液検査を終えて、診察室に入っていきなり
「昆布食べたでしょ!!」と言われた。
私の持病は甲状腺機能低下と言い、昆布の食べすぎは良くないと言われる。今回は血液検査であまり良くない値が出たので、いきなり昆布を疑われたらしい。
しかもじっさい食べてたよ。だってふつうに食べる量なら問題ないってネットに書いてあったし・・・。
出汁とったあとの昆布刻んで、おくらと混ぜて食べるとうまいんだよなー。ダメなのかぁ。


  1. 2011/11/10(木) 05:54:55|
  2. ふつう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

友達が少ないと起こるもろもろのできごと

IMG_0910.jpg

○月×日
喫茶店などで「ほんと超むかつくー!」「ほんっとまじありえなーい!!」という声が聞こえてくると、
心の中で
「ほんと超むかつくー!」
「TPP!?」
「ほんっとまじありえなーい!!」
「年金支給引き上げ!?わかるわかる~!」
と即座に合いの手を入れる遊びをよくしてる。

街中で「がんばろう、日本!」と書いてあるポスターに出会うたびに、
「もう頑張ってるっちゅーねん」
「精一杯やっちゅーねん」
とも会話してる。

○月×日
最近よく眠れない。
2時に寝て5時に起きてしまった。たまに寝ていないと誰かに寝てない自慢をしたくなるが、自慢するような相手が誰もいない。
とりあえずモンちゃんに
「きのう3時間しか寝てねーわ、まじつれーわ」
と言ってみたが、
「寝ればいいじゃん」と言われてしまった。(態度で)

「オレはいつもそうしてきたけど?」
「ちょっと実際やってみせようか?」
とも言っていた気がする。(そして写真の状態に至る。)

  1. 2011/11/08(火) 07:04:57|
  2. ふつう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

百足のことなど

IMG_0907.jpg

○月×日
さいきんスミスよく聴いてる。「(500)日のサマー」という映画の中で、主人公が女の子に「スミス聴いてるの?わたしも好きよ、スミス」と話しかけられて、ずきゅんと恋に落ちてしまうのだ。
私もずっとスミス聴いてるのにモテたことない。形から入っても本質に辿りつけないという良い例だな。(ヒント:本質=外見)

○月×日
ベランダに猫のゲロが吐いてあったので、掃除しようとしたら、物陰からいきなりムカデが出た。
すごい変な声が出てしりもちついた。家の中に飛んで入って窓を閉めて、もう見ないことにした。(ちなみにゲロはその後猫が自分で食べるという自主回収していった)
自然の豊かな場所に住んでるのに、これらには全然慣れない。先日も内臓の飛び出た蛇いるし。怖いよ。(これも猫が拾ってきた)
小さい頃は結構ナウシカだったのになあ・・・。

○月×日
近所の伊東屋にいったら、画材コーナーが大幅に狭くなっていた。扱っていたPMパッドも置かなくなった。
店員さんに「PMパッドないですか」と聞いたら、
店員さん「ぴーえむぱっど・・・?」

(別の店員さんに伝言)「いーえむぱっど・・・?」

(別の店員さんに伝言)「いーあーるぱっど・・・?いーあーるかーど!!」
みたいになった。ちがーーーう!
あと5人くらい介したらQRコードまで行ったと思う。

  1. 2011/11/04(金) 09:08:54|
  2. ふつう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

残念教教義

IMG_1300.jpg

さいきん忙しかった。疲れたのでゆっくり寝ようと思ったら、12時間も寝てしまった。いまは頭が痛い。
友達のまきちゃんが漫画を描いた、「セロトニン健康法」という本がある。とても勉強になる本で、膝も打ったし、脛も、足の甲も親指と人差し指の間も打って、打つところがなくなったほどだ。この本にも、朝ちゃんと起きて朝日をあびないと、自律神経が乱れて頭痛など引き起こすと書いてある。ちゃんと勉強したのにやってしまった。
まきちゃんにも「本読んだよ~。超べんきょうになった!!これからは実践するね~!」などとメールしたのに、それもいまとなっては社交辞令となってしまった。そんな汚い大人に成り下がった自分が残念で仕方がない。
これからはまきちゃんに義理立てて早く起きよう。たとえまきちゃんがメールのことなんか覚えてなくても。


スケッチブックは多くの場合左綴じになっている。私は左利きなので、あの黒いわっかの部分に手をがしがし当てて絵を描いていた。ある日、ふと気がついてくるりと逆さにして使ってみると、死ぬほど描きやすくなった。
左利きの人は右利きの人より平均10年早く死ぬと読んだことがある。世の中のものは右利き用にできているので、知らずにストレスを溜め込むのだそうだ。ぼーっと生きているせいで、気づけば回避できるストレスも溜め込んでいるに違いない。
スケッチブックも33年も左綴じで使ってしまったので、もう5年くらいは寿命が縮まったかもしれない。老後のためにせこせこ貯めているお金も台無しだ。残念で仕方がない。


  1. 2011/11/03(木) 08:30:30|
  2. ふつう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おもしろいキンスキーさん

R8852063.jpg

さいきんみたDVDのこと

「フェリーニの8 1/2」
途中で寝てしまい、良い良いと言われて有名なラストシーンを見逃した。しかし巻き戻してちゃんと見た。
とてもすばらしかったので、巻き戻して良かった。「地球は女で回ってる」をすこし思い出した。死の間際に、自分の生み出した登場人物に囲まれて賛辞を送られるというのは、少し寂しくて、とても豊かな世界だと思う。
私のいまわの際には、何が囲んでくれるだろう。描き散らした落書きたちだろうか。そこにモンちゃんとおいさんもいてくれれば言うことない。その時は喜んで中心で笛を吹こう。

「アギーレ 神の怒り」
渋谷のTSUTAYAでいつもお勧めしてあるので、気になっていた。すごいおもしろかった。クラウス・キンスキーおもしろい。
当時、世界で一番短気な役が似合う俳優だったのではないか。

「キンスキー、我が最愛の敵」
アギーレがおもしろかったので、同ヴェルナー・ヘルツォーク監督がキンスキーを題材にして撮ったドキュメンタリーを見た。
泣いた。ほんとうに感動した。
ラストに蝶と戯れるキンスキーの映像が流れるのだが、美しくて感動的で涙がとまらなかった。

「ロゴパグ」
4人の監督による短編集です。パゾリーニ監督のがおもしろかった。
ゴダールの撮った「新世界」という作品は、ある日パリの上空で原爆が爆発してしまったら、人の気持ちも生き方もなんだかさっぱり変わってしまった、という今の日本人には感慨深い作品です。
ある日急に大事が起こって、自分の意思と関係なく、それまで考えもしなった人生の選択肢が向こうからやってくる(心底怒る、受け入れる、諦めるなどなど)というのは、自分にとって驚きの体験でした。
「臨界、再臨界、局所的臨界・・・」などと新しい単語の意味を受験生のように一生懸命覚えている自分も、ときどき不思議に感じてきます。
原発問題に関して、いまのところ悲観も思考停止もしているつもりはないのですが、それでも、過去の自分が描いた世紀末をいままさに生きているということに、ときどき茫然とします。(エア被災といわれればそのとおりです)
あの「茫然」は不思議な感覚です。

  1. 2011/11/01(火) 21:46:58|
  2. ふつう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。