週報サブレー

日記・私信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日々秋



疲れたなぁ。先週一週間だけで50回くらい「知らんがな」って思った。最後の方は頭上にゴシック影付きで出てたかもしんない。つらい時は心のももクロを召還して乗り越えた。我ながら頑張った。

目が疲れて痛いので眼科に行ったところ、ドライアイだと言われた。おいさんに言ったら「夜にスマホ見ているからだよ」と言われたので気をつけている。気をつけてみて気がついたが、私は夜にそれほどスマホを見ない。むしろ見ているのはおいさんの方で、夜中にふと目が覚めると、青白い液晶の光に照らされたおいさんの横顔が闇に浮かび上がっていることが多い。おいさんこそ気をつけろよと言ったら、「それはね、自制心がないの」と言われた。夕方に何時間も変なドラムアプリで遊んでいるので、この時間に巡回サイトをチェックすれば夜中に起きなくて済むのではと言ったら、「だからね、自制心がないの」と言われた。そもそも巡回サイト減らせば?と言ったら、「話戻るけどね!!!自制心がないの!!!」と言われた。堂々としていて格好良かった。

スマホを封印したので、放り出していた窯変源氏物語を読んでいる。明石の巻から澪標の巻のあたり。源氏と紫の上の関係性が描かれるところがすごい良い・・・。

おいさんと出会った頃、周囲の人にあの人は変な人だと聞いていた。その理由が、携帯のバッテリーに知らない家族のプリクラを貼っているからというものだった。そうは言っても知ってる人とか、昔の恋人なんじゃないの~?と思って、後にいろいろ探りを入れてみたが、結論としては本当に知らない人のものだった(拾ったと言っている)。しかしつき合ってしまってさらに結婚まですれば、日々の時間を共有し思考法も似てくるので、変な人と言われていたことなど、すっかり忘れてしまう。しかし先日おいさんの枕をどけたら、棚橋の写真に「ITSUZAI BODY」と書いてあるトレーディングカードが出てきて、鮮明にそのことを思い出した。
「これはなんなの」「奇人に憧れてるの」「奇癖から入ると奇人になれるとかそういう論理?」「成績が悪いとエジソンになれるという論理?」
とか聞いていたら
「自分の夫をそう思いたいならそう思えば良い」と言われた。
私は自分にされる非礼については人一倍過敏で永きに渡り執着する癖に、他人に対する失礼な言葉は思考を解さずするする出てきてしまうのである。反省すべき、恥ずべき点だ。しかしやはり奇怪は奇怪だ。

週末は江ノ島で行われたGR blogオフ会に行った。会場をチラッとだけ見て、あとは一人で江ノ島観光をした。海風に吹かれトンビに警戒しながら、さつま揚げの挟んであるバーガーというのを食べた。ビールをおみやげに買った。一日GXRを使ってみたんだけれど、すごく使いやすいカメラだと知った。アスペクト比1:1とかトイカメラモードとか自分の好きな要素が入っているし、カメラで彩度・コントラスト・シャープネス・カラーバランスまで設定できる、撮ったあとレベル補正もできる。すごい楽しい。カメラ詳しくないから他社機でもできるのかとかGRではどうかとか全然知らんけど・・・。あと高いけど・・・。発見が多くて良き日だった。
神社でお参りしようと並んでいたら、後ろのカップルがやりすぎコージーの都市伝説の回の話をしていて、何回も「ここにもあるメイソン」(一単語として発音する)と言っていたのがおもしろかった。

今週のおいさんの言い間違い:
「明日は俺がゆっくりするからね」(私がとても疲れていた時。明日は俺が色々やるからゆっくりしていなねと言いたかった。)




スポンサーサイト
  1. 2012/10/30(火) 10:05:20|
  2. ふつう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひくつく



空気が乾燥してきた。指先がかさこそ地蔵である(かさこそ地蔵に親切にすると、夜中に現れて肘やかかとをかさこそにしてくれる。かさこそ地蔵は善意でやっているが、村人達は迷惑なので、もうかさこそ地蔵に親切にするのはやめようという話になる。かさこそ地蔵は何も知らずに皆が訪れるのを今日も待っている・・・)。

道を歩いていたら、小学校低学年と思われる女子に「若くて美人さん、ひまそうね」と言われた。
私は恒久的基本ネガティブ宣言に調印しているので、こういうのは全部馬鹿にされているか公開いじめと受け取る。小学生はすぐに行ってしまったが、私は両手にミートソースの材料とカビ取り洗剤をぶら下げたまま忍び泣いた。(相手が小学生であろうと何であろうと傷つく時は全力で傷つく、それが人付き合い苦手を極限までこじらせた34歳の生き様だ!!)
普段は精神状態や人間関係を健やかに保つために卑屈を封印しているので(「あれで?」と思われる人もいるかもしれないが、あれは出力10%くらいの省エネモードなのです)、たまに遠慮なく卑屈になる時間を設けると、気分がすっきりする。芸術だって爆発かもしれんが、卑屈だって爆発だよ!!オラオラ!

今週は「ジャンヌダルク裁判」を見た。すごく良かった。すごく映画音痴なので、TSUTAYAで「ブレッソン」と書いてあるのを見て、「アンリ・カルティエ・ブレッソン・・・?」とか思っていたくらいだったのだけれど、見てみて良かったなぁ。知り合いや友達が少ないから、大人になってからもいろんなことをよく間違えて、恥ずかしい。「はなればなれに」も見た。全編飽きなくてすごいなー、と思った。沈黙のところとかダンスのところとか叔父と喧嘩になるところとかクリシー広場まで歩くところが面白かった!


  1. 2012/10/16(火) 08:04:03|
  2. ふつう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風に吹かれて

IMG_1870.jpg

前からやりづらいな~、と思い困っていたことがあったのだけれど、あの、アプリ・・・ってあるじゃないですか、スマートフォンの。あれ落としたらすぐ解決した。すごい。自分の中でIT革命前夜来てる・・・(なかなか明けない)。

週末はセンター北というマイナーな駅で3Dプロレス映画を見た。3D映画を初めて見た。近景・遠景からなる紙芝居みたいなものを想像していたが、もっとちゃんと3Dだったのでびっくりした。

おいさんはしょっちゅう新垣結衣ちゃんの脳内マネジメントをしている。いまは「相棒」の新相棒をやれば良いと言っている。

先日Mさんと話していて、漫画を全く読まないからお勧めしてくれと言われた。少女漫画はいかがですかと言ったら知らないと言われた。萩尾望都先生や大島弓子先生はどうですか言ったら知らないと言われた。画像検索して見せたら画風がベルばらっぽいので無理だと言われた。何読んだことあるんですかと聞いたら、浅野いにおとウシジマくんって答えたので先に聞けば良かったと思った。私は人にお勧めする程のセンスがないので、特にお勧めできるものはないと思った。

渋谷のTSUTAYAで男子高校生が「10円で良いから!10円で良いから貸して!」と言っていた。TSUTAYAは変な人がいっぱいいて面白い。

先日知り合いの個展で、写真の印画紙を自作しているという方のお話を立ち聞いた。(興味はあっても声はかけられない、それが私の社交の限界・・・!)家に帰っておいさんに聞いたら、youtubeでプラチナプリントの印画紙を作っている方の動画を見せてくれた。再生数が300くらいなところが熱いと思った。隣に関連動画で森山大道の動画が表示されていて、再生数が50000近くて大道すごいなと思った。






  1. 2012/10/10(水) 09:08:16|
  2. ふつう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悠々

IMG_1932.jpg

○月×日
学生時代の同級生とごはんを食べた。私が探して予約した店があまりおいしくなかった。やっぱり店選びは人にやってもらおうと思った。皆に会った瞬間に「みんな背縮んだな」と思ったが、皆は私の背が伸びたと言った。どちらが正しいかは不明。

○月×日
池袋の会(と私が勝手に呼ぶ、主に西武池袋線沿線に住む友達との会食)に行った。皆が池袋線ならどこに住むのが安いかと議論していたら急にHちゃんが「わたしは住むなら神楽坂に住みたい」と言い出したのがお姫様ぽくてかわいかった。bちゃんが「もう南の島に行って暮らしたい」と言い、みんなに即「魚釣島行って山羊でも飼えば」と穏やかに流されていたのがひどくて面白かった。

○月×日
知り合いの旦那さんである銅版画家さんの個展に行った。以前は自分の内なる心と向き合う暗い作風だったそうだが、奥さんに「そんな暗い作品誰も見たくない!」と言われて、シルクスクリーンや木版を使った明るい色彩の作品に挑戦しているという話を聞いた。素直さにとてもびびった。
帰りにその方が「本の街」という神保町のタウン誌をくれた。JAZZ喫茶の店長(と思われる方)が書いたコラムがおもしろかった。"天使は飽きるが悪魔は飽きぬ"とか"瞼の裏側でみる夢も又、よし"とか・・・。「活字プロレス」はよく聞くけど、「活字オーディオ」もとっても底が深そうでどきどきした。

○月×日
Mさんと田中一光の企画展を見に行った。昨年飼い猫が他界されて、猫に飢えている話などを聞いた。ごはんを食べている最中に、Mさんにメールが来て「ごめん、30分だけいいかな?」とか言っておもむろにMacBookAirを開いてカタカタやってるのがかっこ良かった。

○月×日
「カスパー・ハウザーの謎」を見た。あと「ほとんど記憶のない女」という本を読んだ。「ロイストン卿の旅」という短編が面白かった。

○月×日
ヒカリエのギャラリーに行ってライアン・マッギンレーの写真を見た。radical storeで有本ゆみこさんの刺繍も見られた。こんなに価値あるもの達がただで見られるという東京のお得さに、田舎者の私はびびった。ヒカリエ行ったこともないくせになめていたが、手のひら返しで平身低頭絶賛することにした。ブラタモリで見た渋谷を見下ろす光景が見られて感動した(ブラタモリで建設中のヒカリエに上っていたのを見た)。

○月×日
実家でごろごろした。先日企画展で見た、田中一光装丁の「紙のフォルム」が超ずさんに棚に積まれていた。花森安治装丁の「お母さんが読んで聞かせるお話」など眺めた。ピーターラビットの絵本の「ひげのサムエルのおはなし」の巻を読んだ。先日テレビを見ていたら、このお話の中で子猫が簀巻きにされてローリーポーリープディング(という英国のお菓子。おいしそうではない)にされている挿絵が紹介されていて、我が家ではやっているのだ。「グロースターの仕立て屋」というお話も読んだ。主人公の飼い猫が買い物に行ってくれたりお茶を淹れてくれたりしていて羨ましいと思った。自宅に帰ったらモンガーはベッドで寝ていた。毛布をかけろと前脚で要求するのでかけてやったら、そこからさらに熟睡した。





  1. 2012/10/05(金) 09:21:25|
  2. ふつう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。