週報サブレー

日記・私信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

しんない

IMG_3869.jpg

暑いですね。こんなに暑いのに風邪を引いて腹を壊したりしていた。家でビデオを見てぼんやりした。映画の主人公達は世界大戦後の世をいきいきと生き抜いているのに対し、白湯をすすり腹をさすりながらそれを見ている私ときたら・・・!彼らのバイタリティが魔法となって液晶を通して私に降りかかれば良いのに、と思っていたらすっかり回復した。魔法の粉もちょっとは出てたのかもしんない。
高知に住んでいる友達が東京に出てきていたので、お茶をした。たくさん喋ったら、寝込んで澱んでいた気分がすっきりした。四国と言えば直島、大竹伸朗さん、瀬戸内国際芸術祭など楽しそうなイメージがあるという話をしたら、「あれはおしゃれな四国」と言われた。確かに高知と瀬戸内はあんまり関係ない。スペイン人に会って「君も闘牛やんの?」と聞くぐらいざっくりしたことを言ったのかも。私とおいさんも同じ千葉出身同士で「地元カップルだね」と言われることがあるのだが、私の出身は内陸農業地帯の「That's 千葉」であり、おいさんはあの有名なランド近辺の「自称事実上の東京」という先祖代々から反目し合い憎しみの連鎖が残る部族同士の出身なのである。これも高知の話とはさらに関係なかったかもしんない。

ネットを見ていたら漫画の広告が表示されていて、決め台詞であろうコピーとして「お前はもう俺のもの同然だ」と書いてあった(うろおぼえ)。おもしろく思えたので、おいさんとその意味について話し合った。
①根拠はないのに断定的な物言いをして相手にもそうだと錯覚させる、営業活動などに見られる手法
②実効支配の後に一方的に収束宣言をして、相手に議論の余地を与えない手法
③実際には全然終わっていないのに8~9割終わっているように見せる虚偽報告(例:「あとは大体まとめるだけッスね」)
④実際には全然俺のものになっていないが、それでは心が折れちゃうので自分を応援する意味で言ってみている
⑤ケンシロウ、ジャイアンなどへのオマージュ
などの案が出た。毎日こんなどうでも良いことばかり喋っている。先日テレビを見ていたら、お笑い芸人さんの芸に対し、その人の相方である人が「○○(そのネタの内容)なんてどーでも良いわ!」と言い、芸を披露した側の人が「それ言うたら大体のもんはそーやろ」と言っていた。そう言われたらそうだと思った。

どうでも良いと言えば、最近またチコチコと絵を描いているのである。何故かと言うとおいさんの誕生日が近いので、カードの代わりにカメラzineを作って添えようと思ったのだ。しかしやり始めると意外と時間がかかり一人で締め切りに追われて焦っている。「誕生日に間に合わないから一週間後ろにずらして」と相談したが、そもそもおいさんはそんな物頼んでいないので、何週間ずれようがどうでも良いのであった。
私が外でグループ展に参加することなどに刺激を受けて、おいさんも家庭内個展がしてみたいと言い出した。写真を飾る予定らしい。「納期が決まってないとやらないな、そうだな~10月第1週にしよう」と言っていた。毎日一緒にいても全然写真を撮っていないので、「10月第1週なんだよね」と聞いたら「そんなこと言ってない。10月初旬だよ」と言われた。それ以降も全然撮らないので「10月初旬なんだよね」と聞いたら「初旬は15日まで含まれるよね」と言われた。人間はとかくどーでも良いものに追い詰められているものだと思った。どーでも良いことに泣きどーでも良いことに笑い、髪を振り乱し汗をかきどーでも良いことをして、素晴らしくどーでも良い時間を過ごしているのだ。ハレルヤ!

吉祥寺で友人と台湾パフェ食べた。楽しい話、うれしいニュースなど聞いて帰ってよく寝た。












スポンサーサイト
  1. 2013/09/04(水) 07:35:20|
  2. ふつう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。