週報サブレー

日記・私信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おきない



最近のことを書こうと思ったが、何もしていなかった。
(何もしてないなら、息もしてなかったのなー!!)
(はあ?んなこと言ってないっつーの。おまえ馬鹿なー!)
(馬鹿って言うやつが馬鹿な!!)

(私は心の中に常に小学生男子を二、三匹飼っており、微笑ましく眺めて楽しんでいるのです)

私はよく人の話を立ち聞きしている。
こんなに下衆い趣味もないが、おいさんと二人で「今日こんな立ち聞きをしてね」と話していると、なにかとてもほのぼのした出来事のように、感覚が麻痺してくる。
最近おいさんが立ち聞きした内容は、路上で青年が携帯電話に向かって、
「俺は農家なんか継がないで、東京でミュージシャンになるんだから・・・!!!」と言っていたそうです。
こんなにテンプレ通りの台詞を聞くことも、もう二度となかろうと思います。
私の最近の立ち聞きは、携帯電話に向かって怒った調子で、
「だからそれは・・・、日本経済の景気が悪いから・・・!!!」というものです。
何かは知らんが、壮大な言い訳だと思いました。
あとは、本屋で女子中学生?くらいの女の子二人が、雑誌できゃりーぱみゅぱみゅを見ながら、
「原宿系のファッションしてるだけで~、あ、きゃりーぱみゅぱみゅ好きでしょ?って言われんのが嫌だわ~」
「わかる~、きゃりーさんだって読モの真似してるのにって、思わん~?」
「わかる~」
と話していました。(きゃりーぱみゅぱみゅって、きゃりーさんって呼ぶんや・・・)と思いました。
その後二人はきゃりーさんの写真を見ては、
「かわいくないって言うか、スッと(頭に何かが入るゼスチャー)入って来んわ」
「わかる~、スッって来んわ~」と話していました。
私がこの子達の年齢の頃に頭にスッと入って来ないと思っていたものなんて、白楽天の長恨歌とかそれくらい・・・(そういう宿題があった)。きゃりーぱみゅぱみゅすら頭にスッと入ってほしいなんて、若者って変わらないようでやはり年々貪欲になっているのだと思いました。

あとは、うちのVHSデッキが天寿を全うされ、暇な日々を送っていた。最近になって新しいものを買ってもらったので、うれしくなって渋谷TSUTAYAに行き、VHSでしか見られなそうな映画を借りて見た。象徴的暗喩的なイメージの連続するアートフィルムだったので、半分眠りながら見たが、モンちゃんはすごく集中して見ていた。こういうパッと見でたらめで、実は作者の中だけにある確固たる縦糸によって綴られている作品に、モンちゃんはすごく強いのだ。
その作品もとってもおもしろかったのだけれど、頭が疲れてきたので、そういう時はまた渋谷TSUTAYAに行って大好きなアルモドバルの作品を見てまったりする。こうやって家で好きな映画を見ている時間は至福としか言いようがない。私にとってこの六畳のベッドルームこそが、全ての物語が始まって終わる場所、自己と世界を内包する小宇宙なのである。モンちゃんはいるし、おいさんも(たまに)いるし、VHSも見られるし、毎週違う漫画が(これもTSUTAYAを経て)置いてあるし、本棚には、世界で最も尊い仕事であるアマゾンマーケットプレイスの出品者様の手を経て届いたおもしろい本達がいるし、言うことない。始皇帝もこれほど豊かな暮らしはしていなかったと思う。
今の家は陽当たりが良くて、ベランダが広い。家の前は桜並木で、今の季節は新緑がきれい。これで足りないものはただ一つ、お酒ではないかと考えている。どう考えてもここで冷やしたサングリアでも傾けるべきなのに、ここのところめっきり酒に弱い。始皇帝だってうまい酒くらい飲んでいたはずなのに・・・、くやしい、負けちゃう!
もう自分でも何を書いているかよくわからないが、まあお酒はもっと飲めるようになったほうが楽しいのでは、と考えている。地道に練習する予定。







  1. 2012/05/12(土) 10:16:03|
  2. ふつう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<髪切りにいく | ホーム | モンちゃんVS子ども>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yukidan.blog12.fc2.com/tb.php/434-beb7046c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。