週報サブレー

日記・私信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋さんさんと

IMG_2140.jpg

IMG_2143.jpg

IMG_2144.jpg

IMG_2146.jpg

えーとえーと・・・。Instagramからflickrに自動upするときに好きなtagをつけるやり方がわかりません。誰か知っていたら教えてください。

週末は井の頭公園でteratoteraというアートイベントに行った。本当に行って良かった。

風邪は治らない。凄い勢いで痩せてしまった。夏頃はもっと痩せたいなーと思っていたはずのに、今はおじいさんみたいな体型である。確かに間に丁度良いかも?と思った期間があったけれど、疾風のごとく駆け去ってしまった。いまは太りたい。先日雑誌か何か見ていたら、水原希子と身長体重がほとんど同じで、語られる数字より語られない数字に意味があることを痛感した。出会い系に「水原希子と同じ身長体重です」って書いてあったら一瞬「おっ」ってなりますよね。でも実際来るのは私な訳ですから「えーーー!!」ですよ。詐欺商法の印象操作ってこうやって形作られていくんだと身をもって学びました。高い授業料でした。

おいさんが一週間の出張に行ってしまったので、しんしんと暮らしている。独居老人と言っても、眼に深い慈しみを湛えつつ次世代に受け継ぐべきエッセンスを書き記したり、感覚が研ぎ澄まされて精霊と会話できるようになったりしているわけではない(すべて私の独居老人に対するイメージです)。誰とも喋らないで暮らしているとあまりに刺激が少ないので、ほんの少しのことでもおかしく感じ、思い出し笑いも多くなる。たとえば今日は、おいさんの会社の同僚が突然ものすごく変な眼鏡(視力検査でかけるような眼鏡で横にクルクル回るダイヤルが付いている)をかけていたので、何ですかそれと聞いたら一言「エマージェンシー」と返された、という話を思い出して笑った。何を言っているかわからないかもしれませんが、何をやっているかわからない状態になっているということです。
こんなことになっていると、たまに人に会うと面白すぎて笑い倒すかというとそんなこともない。普段自分の思考のテンポで笑う癖がガチガチに凝り固まっているから、急に対応できなくて「お?お?ああ、おう・・・」みたいになる。それで家に帰ってから思い出して声出して笑う。
よく「箸が転げてもおかしい年頃」と言うが、あれは学校というあまりに閉鎖的な環境で、限られた情報をほとんど100%に近い形で共有した結果自分と他人の境が曖昧になり、全てが自分の頭の中のように進む会話が面白さを増幅させているのではないか・・・、と一瞬思ったが、テレビやネットを通じていくらでも社会に開かれているからそんなことないなと思った。やはり一人も知り合いのいない世代の気持ちや文化を勝手に推し量ろうとするのは無理があった。

今日はホットワインを作ってみた。スパイスを入れすぎたせいか「生薬配合!」みたいな味になった。まずくはない。明日はレモンを入れてみよう。







  1. 2012/11/07(水) 14:59:20|
  2. ふつう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いけふくろうとねずみくん | ホーム | 江ノ島写真 海編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yukidan.blog12.fc2.com/tb.php/462-1d7e4ee7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。